ブログ

「大和路暮らしの間 企画展」限定販売 やまとみどり実生のお茶のこと

1月15日(水)~2月11日(火・祝)の期間開催されている、

「大和高原のお茶」企画展にて

やまとみどり実生のお茶を数量限定で企画しました。

 

「大和茶シリーズ」は、奈良県限定パッケージで

奈良県内の店頭でのみ販売されているパッケージです。

販売店舗により、リーフ・ティーバッグ、茶種もいろいろで、

販売している店舗によって、企画・袋詰めしています。

今回は、「やまとみどり実生」の 煎茶 と ほうじ煎茶 をティーバッグに加工した

さらに”奈良”にこだわったお茶の企画です。

 

煎茶は、天然玉露と言われる“やまとみどり”の特有の滋味深さ、甘味が感じられる仕上がりに、

ほうじ煎茶は萎凋した煎茶を熟成させ焙煎しており、

“やまとみどり”の特有の甘さ果実香が感じられる仕上がりになっていると思います。

どちらも熱湯で淹れていただけます。

 

やまとみどりは

1924年(大正13年)に奈良県農事試験場茶業分場(現大和茶研究センター)が

奈良県山辺郡山添村上津、福井勘次郎の茶園から採取した実生樹から育成。

1953年(昭和28年)茶農林10号として登録。奈良県が育成した唯一の品種。

 

やまとみどり実生は、その種を植えて育てた茶となります。

当園のやまとみどり実生の圃場は、昔ながらの茶山にあります。

茶山をつづける中で引き受けた茶園のひとつです。

一時は50ha以上にもなったやまとみどりとやまとみどり実生の圃場は、

そののち、やぶきたなどの品種に植え替えるなどで、残る茶園は少なくなっています。

 

月ヶ瀬健康茶園では、やまとみどり実生の茶葉を、”煎茶”・”紅茶”・”ほうじ番茶”などに製茶加工をしています。

今回は数量限定になりますが、奈良ならではの二種のお茶を企画しました。

 

 

大和路暮らしの間 企画展

中川政七商店近鉄百貨店奈良店・大和路暮らしの間

日時:1月15日(水)~2月11日(火)

10:00~20:00

場所:中川政七商店 近鉄百貨店奈良店 (近鉄奈良線 西大寺駅 徒歩1分)

(631-8511奈良県 奈良市 西大寺東町2-4-1近鉄百貨店 奈良店 5階 )

https://www.nakagawa-masashichi.jp/staffblog/blog/b354/

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ