ブログ

2018年の新茶のご案内ができました

新茶のご案内ができました。今年は、昨年より1週間ほど早いペースで生育しています。40か所以上に点在している茶園の中で、まずは『早生品種の「さえみどり」「さやまかおり」』から始まります。

2018年新茶のご案内』が出来ました。今季も、よろしくお願い致します(岩田文明)

 

農作業の様子

種を植えた茶山に有機物を敷詰めています。「来年、種を植える予定の笹林で粉砕して準備しておいた有機物を「軽トラで運搬」⇒「クローラーで分配」⇒「均して仕上げる」という順序で進めています。

新茶の 収穫を始めるまでに、成園の除草作業を進めながら、種を植えた茶山に有機物を敷詰め終えてしまえるように、急ピッチで進めているところです(岩田文明)

180423_112806

来年、種を植える予定の笹林で準備しておいた「有機物」。ここから 地域内循環します。

180423_110751

種を植えた茶山に、クローラーで有機物を分配中(コイキビロ)

 

 

 

 

今季の種植えを終えました

今年で二年目となった種植え作業。当園のメンバー総出で、予定通り進めることができ、おかげさまで今季終了しました。

茶の実を植えた後、収穫出来るようになるのは6~10年先と見込んでいますが、茶の木が生長していく過程を観ながら、それを日常の仕事に活かしていくことも大事だと考えています。(岩田文明)

180413_092208

笹林となっていた茶山に種を植える(コイキビロ茶園)

180413_110358

将来茶の樹が一株育つ地点に、8粒の種を蒔きました。べにひかり実生。

 

 

 

日夜、気温の寒暖差が大きいなか、ゆっくりと新芽が育っています

IMG_7203

さえみどり(宮山茶園)

IMG_7205

やぶきた(宮山茶園)

今年も新芽が膨らんできました

今年の冬は寒かったですが、桜の花が咲くとともに、お茶の新芽も膨らんできました。

新芽の生長とともに、気持ちも高まり始めています。(岩田文明)

IMG_7190

早生品種「さえみどり」の新芽。宮山茶園

ページの先頭へ