ブログ

2014 萎凋香煎茶 初出荷 致しました。

2014萎凋香煎茶のご案内 ↓

http://www.tukicha.com/blog/?p=674

先程、本日の出荷完了いたしました。

 

ご予約いただいておりましたみなさま、

大変、長くお待たせして、申し訳ございませんでした。

ご予約いただきました萎凋香煎茶は、

北海道の一部の方と、離島の方以外、明日受け取っていただける予定です。

よろしくお願いいたします。

 

また、ご案内お待ちいただいておりましたみなさま、

ご注文と、うれしいメッセージをたくさんありがとうございました。

お問い合わせもありがとうございました。

「飲んでみたい」とおっしゃってくださることが

とてもとてもうれしく感じました。

 

「茶山シリーズ」は量が少ないため限定にて準備させていただいております。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

141222_181124

 

★『2014萎凋香三種飲み比べセット』は、数量限定で

12/28(日) 奈良オーガニックマーケット にて販売予定です。

出店しております。ぜひおでかけください。

あさ8時から12時まで
JR奈良駅前広場にて

 

 

 

 

 

 

 

 

2014 萎凋香 煎茶 出荷準備できました。

萎凋香煎茶の出荷の準備ができました。

ご予約いただいている方には、直接お手紙を出させていただきました。

紅茶班にご登録いただいている方、案内ご希望いただいている方には

近日中にメール・ファックス・お葉書でご案内をさせていただきます。

萎凋香煎茶は数に限りがある為、いつも当園のお茶を飲んでくださっている方

(当園産直でご注文履歴のある方)優先に出荷させていただきます。

———————————————————————————————————-

萎凋香煎茶のご案内

 

ご案内遅くなり申し訳ございません。

秋にご案内をさせていただく予定でした“萎凋香煎茶”の熟成がすすみ、

ようやくお届けできる用意ができました。

ご案内おそくなりましたこと心よりお詫び申し上げます。

 

ここ数年、傾斜が強く作業が困難な茶山のお茶を再生してお茶作りに取組んでいます。

茶山の茶の木に地域の草木のみを還す栽培で、

茶の木をより茶の木らしく育てることのできる環境の茶山のお茶を

こだわりの“茶山シリーズ”として、

種から育った“在来種”と挿し木で育った“品種”を明確に分け

香りと味の違いを楽しんで頂けるお茶が揃いました。

これまでの“むかしむかしのお茶”に加え、こだわりの限定のお茶をご案内させていただきます。

 

○一番摘み月ヶ瀬煎茶 在来 萎凋香「むかしむかしのお茶」  50g

昨年に引き続きの“むかしむかしのお茶”です。

有機認証の調査が収穫日に間に合わなかったため値引きさせていただきました。

当園の栽培方針に基づいており栽培は農薬も化学肥料も使用しておりません。(有機認定 転換期間中となる圃場です。)

 

○茶山シリーズ 在来 一番摘み 萎凋香煎茶             50g

いくつもある茶山のなかで、もっとも萎凋香の香気が発揚する条件の茶葉を、森で萎凋させ、仕上げました。

2014年もっとも萎凋の香り高く、体にすっと入っていくタイプのお茶になっています。

時間を置くなかでの香りの変化を楽しんで頂けます。

(有機認定圃場のお茶ですが、今回は2014年限定のパッケージのため認証マーク無しで出荷させていただきます。)

 

○茶山シリーズ さえみどり 一番摘み 萎凋香煎茶          50g

ほのかな甘い香りがミルクのようです、中国茶などでは乳香と言われる系統の香りです、

品種としてのはっきりとした味と香りが特徴です。

(2008年に苗を植えてから農薬も化学肥料も使用しておりませんが、

成園になってから有機認証を取得のため転換期間中となります。

今回は有機認定転換期間中の圃場です。2015年からは転換期間中が外れる圃場です。)

 

【数量限定】

○2014萎凋香三種 のみ比べセット 20g×3

上記のお茶をそれぞれ20gのセットにしました。

※詳細はお問合わせください。

月ヶ瀬健康茶園

電話 0743-92-0739

ファックス 0743-92-0737

メール info@tukicha.com

※年内は12/26(金)が最終の発送日となります。12/24までにご注文ください。

お詫び 萎凋香煎茶(むかしむかしのお茶)のこと

当園のお茶をご愛飲いただいておりますみなさま。

萎凋香煎茶についてお問合わせくださったみなさま。

秋になったら、出荷を始める予定でした、

萎凋香煎茶(むかしむかしのお茶)の出荷が遅くなっており申し訳ございません。

 

当園ではこの萎凋香煎茶には“熟成”ともいえる『待つ』時間が大切と考えます。

定期的に試飲しております、これらのお茶、

そろそろ、納得のいく香りが感じられ始めました。

この一週間で出荷を開始する日を決めたいと思います。

 

ご予約いただいている方、

まご連絡のお約束をさせていただいている方、

準備整い次第ご連絡させていただきます。

よろしくお願いいたします。

茶園のこと 老間 オイマ

  収穫日:2014/5/19

茶園の名前:老間

お茶の品種:在来

天気:曇っていて、暑さもほどほどの仕事のしやすい天気でした。

今日の畑のこと:

在来種(実生)の畑なので、デコボコしてて刈りにくい畑です。

ここ数日空襲のように降り注いだ毛虫も今日は穏やかでした。

つくられる予定のお茶:

2014年初の萎凋のお茶を作ります。予定ではむかしむかしのお茶の萎凋香になります。

 

DCIM0674

DCIM0675

DCIM0676

 

 

大和香る茶 バニラ

2014/05/22

大和香る茶 煎茶 さえみどり

夜10時もまわって茶工場にいる文明から電話がかかってきた

「バニラのにおい匂いにきやへんか?」

朝から森で萎凋された さえみどり

冷たい外気が入らないように締め切った製茶工場に足を踏み入れるなり

あまーーい香り

蒸して 揉んで 精揉機(仕上げの揉み)で揉まれる茶葉を手にとって香ってみる

まさにバニラ、しかもバニラビーンズの鼻の奥に来るようなフレッシュな香り

飲んでみるのが楽しみだ

湯呑に注いだお茶はどのくらい香るのだろうIMG_3779-1

萎凋の様子

 

ページの先頭へ