ブログ

茶園のこと シヲダニ 手摘み 

収穫日:2014/6/1

茶園の名前:シヲダニ

お茶の品種:おくみどり

天気:日中は真夏の陽気でした。

今日の畑のこと:総勢30名弱で手つみをしました。一針がないものが多く二・三葉での収穫が多くなりました。このところ雨がなかったこともあり、茶を摘んですぐから良い香気が上がってきていました。

つくられる予定のお茶: 手摘み紅茶

$RER4H13

$RISDMJ7

TS3P0044

$RFFML7E

TS3P0043

 

 

製茶のこと べにひかり

 製茶日:2014/5/30

畑:山の下

品種:べにひかり

今日の製茶のこと:ただ今萎凋中。べにひかり特有の鼻に抜けるような清香が、でてくれるように、萎凋は慎重に行います。今年は少し、マスカットの香りがする色が抜けたような黄色い芽がたくさんあります、

仕上がったお茶:有機紅茶月ヶ瀬べにひかり

※少し熟成させてから袋詰をします。2014053015330000

 

 

おたより 今年の毛虫

 

今年は毛虫がおおい

茶工場や茶畑に向かう山の道には

カーテンのように糸でつり下がる毛虫がカーテンのようです。

このなかを 研修生の耕平君は自転車通勤

「どうやってきてんの??すごい毛虫やで~」

「あっ よけてきてます。」

いったいどうやってよけるのか…忍者の修行のようである、そのくらい毛虫の数がすごい。

最後の写真は、毎年悩まされる茶毒蛾、

この季節は、まだ集合体です。この時にはっぱごと補殺…これがすごく重要なのです。

2014052416070000

 

$RZAGRW1

$RFTYHYM

$RV8L074

 

 

茶園のこと 井口山 べにほまれ

収穫日:2014/6/1

茶園の名前:井口山

お茶の品種:べにほまれ

天気:最高気温33度に達し、気を抜いたら意識無くなりそうなほど暑い日でした。

今日の畑のこと:月ヶ瀬健康茶園の中で最も奥手な品種べにほまれ。これを紅茶に加工し、一番茶が終わります。日本で紅茶の輸入自由化が始まって衰退していきましたが、数十年の時を経て、今再び陽の目を見るようになった品種です。

つくられる予定のお茶:紅茶

 

畑の写真が無いので、萎凋後の葉っぱと揉捻後の葉っぱの写真です。

DCIM0771 DCIM0773

茶園のこと コクダシ2

収穫日:2014/5/28

茶園の名前:コクダシ2

お茶の品種:やぶきた

天気:昨日の曇り空が嘘のような真っ青な晴れ模様。

今日の畑のこと:今日もチャドクガがうじゃうじゃと葉っぱに引っ付いてました。

つくられる予定のお茶:煎茶

DCIM0726

DCIM0752

DCIM0724

DCIM0725

 

 

 

 

 

茶園のこと ゲンダラ

収穫日:2014/5/31

茶園の名前:ゲンダラ

お茶の品種:やまとみどり在来

天気:真夏の暑さでした。

今日の畑のこと:画像を見ていただければイメージできるかと思いますが、まるでオーケストラを構成しているかのように放射状に広がっているのが特徴です。この畑の収穫が終わり、いよいよ残りは紅茶品種のみ!ラストスパートだ!!

つくられる予定のお茶:煎茶

DCIM0760

DCIM0755

DCIM0759 DCIM0757

茶園のこと 井口山 イグチヤマ

収穫日:2014/5/31

茶園の名前:井口山

お茶の品種:べにふうき

天気:少し日が傾き、涼しくなりました。

今日の畑のこと:べにふうき、べにひかり、べにほまれと紅茶品種のみを植えてある紅茶畑です。新規開拓した畑のため土づくりができていないのに、肥料を極度に減らしたため、数年前べにふうきの葉っぱがたくさん落ちました。しかし、いろいろな取り組みの中で少しずつ元気になっていく姿が何とも喜ばしいです。

つくられる予定のお茶:紅茶

茶園のこと 梅ケ谷4

収穫日:2014/5/28

茶園の名前:梅ヶ谷4

お茶の品種:おくみどり

天気:真夏日にも達するほどの暑い日でした。

今日の畑のこと:茶畑のギャングチャドクガがたくさん発生します。

つくられる予定のお茶:煎茶

DCIM0728

DCIM0733

DCIM0731DCIM0732

DCIM0727

茶園のこと 山ノ下4 

収穫日:2014/5/29

茶園の名前:山ノ下4

お茶の品種:べにひかり

天気:日が傾き、心地良い風が吹く陽気でした。

今日の畑のこと:おそらくは日本で、いや世界で一番広いべにひかりの畑です。夕陽に当たって光輝く新芽は黄金のよう。落ち葉や廃原木、落葉広葉樹の枝チップなどの月ヶ瀬で手に入る有機物を入れ、目指すは日本のダージリン!

つくられる予定のお茶:紅茶

DCIM0744

DCIM0743

DCIM0745

DCIM0746

 

 

新しい記事 »

ページの先頭へ