ブログ

足場は崩されましたが、生育は順調です

秋番茶の収穫と製茶は終盤を迎えています。昨日、茶刈をした茶園は、イノシシが暴れて、作業中にUターンをするための足場が見事に崩されていました。毎年、晩秋になると、イノシシの動きが活発になります。

茶園のほうは、6月に収穫した刈下番茶以降、4か月間で、じっくりと順調に生育してくれました。来年の一番茶に向けて、準備が整いました。(岩田文明)

161028_140656

茶園の端にUターンをするスペースがないと、足に踏ん張りが効かず労力を費やしまます。

161028_140718

 

161028_163954

「ホリコシ峠」茶園の「おくみどり」。「有機一番摘み月ヶ瀬煎茶 満月」のとなる茶園です。

 

161028_163922

 

2016 煎茶から 地勢(テロワール)を見る

煎茶の収穫が終わり

煎茶をご予約いただいていた方の出荷がひと段落となりました。

チーム岩田の 2016 新茶のティスティングが始まりました。

DSC_0291

本日は、6種×4クール 計24種を飲みました。

当園では、30か所以上の圃場を、品種ごと、日付ごとにロットを分けているので、

本日は、全体の約3割の煎茶を飲んだことになります。

全部を一度には難しいため、なかでも、つづける畑シリーズや、

ロットで購入いただいているお茶を中心に飲みまくりました。(有機栽培茶シリーズ以外)

DSC_0300

DSC_0300

DSC_0304

DSC_0304

DSC_0310

DSC_0310

過去に飲んだ茶の記憶をたどりながら、つづけるために請け負った年数を見て、

茶樹が、自然のリズムでそだち、数年経過した先の変化をイメージします。

 

茶の味から、圃場の土、石、畝、傾斜が見えてきます。

紅茶やウーロン茶、萎凋の煎茶に加工したときのイメージがわいてきます。

こうしたらもっといいかもとういうのも出てきます。

同じ品種でも地勢の違いで味が違ってくるのです。

⇓まだまだあります。

DSC_0305

茶園のこと、収穫のこと、製茶のこと、お茶をご提案させていただくときのこと

各々が担当してきた話を織り込みながら

実は言いたい放題の ティスティングでした。

「鉄入っていない??」「粘土??」「砂多い??」

「停滞している感じする…園は平地、傾斜地??」

「ここ残香、花系…香り系のお茶のほうが向いているかも…。」

「これで紅茶飲んでみたい」

話は尽きません

これらの話は、お茶のシーズンがひと段落いたしましたら、
文明語る”のコーナーで所見も交えて語る予定です。
まだまだ、日々製茶工場に詰めているので今しばらくお待ちください。

DSC_0315

 

気が付けば もう8時過ぎ

山ほどお茶は飲んだけれど おなかがすいてきました。

今日は、茶園とおなじ「動物性のものを使わない」夕食です。

ああ おいしかった。ごちそうさま。  (岩田ル)

 

+++おしながき+++

・車麩照り焼き 豆腐マヨネーズ 赤玉ねぎ添え

・ブロッコリー胡麻和え

・大根とアラメの和え物

・豆腐と押し麦の蒸し物

・ポテトサラダカレー風味

・セロリとごぼうのきんぴら

・玉ねぎと厚揚げの酢味噌

・お味噌汁と おにぎり

・デザートは粉末緑茶の米粉お茶プリン

+++++++++++++++++++++++++++

 

 

2016 新茶シーズン 始まりました!!

今日は最高の陽気 天気予報で今週の雨マークが増え…

よっしゃ 茶刈るぞぉ 茶刈が始まりました。

 

数年前までは 緩やかに 芽が伸びた圃場から順に順に

新芽を追うように 新茶のシーズンが始まりました。

昨年は、30近い圃場がほぼ同時期に摘期を迎え 必死の収穫となりました。

 

今日は朝から何度も何度も収穫の予定が変わり

雨が近づいたので今も収穫が続いています。

この後の予定が全く見えない そんな 新茶シーズンの幕開けです。

 

でも 初日から 満面の笑み

DSC_0227

DSC_0227

萎凋 うまくいっているみたいですね。

DSC_0225

DSC_0225

DSC_0213

DSC_0213

DSC_0230

DSC_0230

DSC_0224

DSC_0224

DSC_0221

DSC_0221

 

全力を尽くすのみです。

今期もよろしくお願いいたします。

(岩田ルナ)

2014 萎凋香煎茶 初出荷 致しました。

2014萎凋香煎茶のご案内 ↓

http://www.tukicha.com/blog/?p=674

先程、本日の出荷完了いたしました。

 

ご予約いただいておりましたみなさま、

大変、長くお待たせして、申し訳ございませんでした。

ご予約いただきました萎凋香煎茶は、

北海道の一部の方と、離島の方以外、明日受け取っていただける予定です。

よろしくお願いいたします。

 

また、ご案内お待ちいただいておりましたみなさま、

ご注文と、うれしいメッセージをたくさんありがとうございました。

お問い合わせもありがとうございました。

「飲んでみたい」とおっしゃってくださることが

とてもとてもうれしく感じました。

 

「茶山シリーズ」は量が少ないため限定にて準備させていただいております。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

141222_181124

 

★『2014萎凋香三種飲み比べセット』は、数量限定で

12/28(日) 奈良オーガニックマーケット にて販売予定です。

出店しております。ぜひおでかけください。

あさ8時から12時まで
JR奈良駅前広場にて

 

 

 

 

 

 

 

 

2014 萎凋香 煎茶 出荷準備できました。

萎凋香煎茶の出荷の準備ができました。

ご予約いただいている方には、直接お手紙を出させていただきました。

紅茶班にご登録いただいている方、案内ご希望いただいている方には

近日中にメール・ファックス・お葉書でご案内をさせていただきます。

萎凋香煎茶は数に限りがある為、いつも当園のお茶を飲んでくださっている方

(当園産直でご注文履歴のある方)優先に出荷させていただきます。

———————————————————————————————————-

萎凋香煎茶のご案内

 

ご案内遅くなり申し訳ございません。

秋にご案内をさせていただく予定でした“萎凋香煎茶”の熟成がすすみ、

ようやくお届けできる用意ができました。

ご案内おそくなりましたこと心よりお詫び申し上げます。

 

ここ数年、傾斜が強く作業が困難な茶山のお茶を再生してお茶作りに取組んでいます。

茶山の茶の木に地域の草木のみを還す栽培で、

茶の木をより茶の木らしく育てることのできる環境の茶山のお茶を

こだわりの“茶山シリーズ”として、

種から育った“在来種”と挿し木で育った“品種”を明確に分け

香りと味の違いを楽しんで頂けるお茶が揃いました。

これまでの“むかしむかしのお茶”に加え、こだわりの限定のお茶をご案内させていただきます。

 

○一番摘み月ヶ瀬煎茶 在来 萎凋香「むかしむかしのお茶」  50g

昨年に引き続きの“むかしむかしのお茶”です。

有機認証の調査が収穫日に間に合わなかったため値引きさせていただきました。

当園の栽培方針に基づいており栽培は農薬も化学肥料も使用しておりません。(有機認定 転換期間中となる圃場です。)

 

○茶山シリーズ 在来 一番摘み 萎凋香煎茶             50g

いくつもある茶山のなかで、もっとも萎凋香の香気が発揚する条件の茶葉を、森で萎凋させ、仕上げました。

2014年もっとも萎凋の香り高く、体にすっと入っていくタイプのお茶になっています。

時間を置くなかでの香りの変化を楽しんで頂けます。

(有機認定圃場のお茶ですが、今回は2014年限定のパッケージのため認証マーク無しで出荷させていただきます。)

 

○茶山シリーズ さえみどり 一番摘み 萎凋香煎茶          50g

ほのかな甘い香りがミルクのようです、中国茶などでは乳香と言われる系統の香りです、

品種としてのはっきりとした味と香りが特徴です。

(2008年に苗を植えてから農薬も化学肥料も使用しておりませんが、

成園になってから有機認証を取得のため転換期間中となります。

今回は有機認定転換期間中の圃場です。2015年からは転換期間中が外れる圃場です。)

 

【数量限定】

○2014萎凋香三種 のみ比べセット 20g×3

上記のお茶をそれぞれ20gのセットにしました。

※詳細はお問合わせください。

月ヶ瀬健康茶園

電話 0743-92-0739

ファックス 0743-92-0737

メール info@tukicha.com

※年内は12/26(金)が最終の発送日となります。12/24までにご注文ください。

お詫び 萎凋香煎茶(むかしむかしのお茶)のこと

当園のお茶をご愛飲いただいておりますみなさま。

萎凋香煎茶についてお問合わせくださったみなさま。

秋になったら、出荷を始める予定でした、

萎凋香煎茶(むかしむかしのお茶)の出荷が遅くなっており申し訳ございません。

 

当園ではこの萎凋香煎茶には“熟成”ともいえる『待つ』時間が大切と考えます。

定期的に試飲しております、これらのお茶、

そろそろ、納得のいく香りが感じられ始めました。

この一週間で出荷を開始する日を決めたいと思います。

 

ご予約いただいている方、

まご連絡のお約束をさせていただいている方、

準備整い次第ご連絡させていただきます。

よろしくお願いいたします。

製茶のこと やまとみどり在来 べにほまれ  ★紅茶加工最終日!!

製茶日:2014/6/2

①つ目の畑:ゲンダラ

品種:やまとみどり在来

②つ目の畑:井口山

品種:べにほまれ

今日の製茶のこと:今日は加工最終日です。天候にも恵まれ、加工日和が続きました。①やまとみどり在来は、試験的に紅茶加工をしてみています。乾燥まで終わりました。②べにほまれは、いま、萎凋までうまくいきました。これから揉捻と発酵。アッサム系なので、これから発酵過程でどんなに香りが化けるか、ドキドキします。 今日の製茶のこと(つづき):①この品種は比較的よく発酵します。②アッサム系なので、緑茶品種と比べ、発酵で赤くなります。リーフ型に揉み、今日は3時間で、発酵を止めます。萎凋のときのミルクのような甘い香りと、発酵時のスッーとした香りが、混ざった感じです。 仕上がったお茶:①紅茶 試作 ②有機紅茶月ヶ瀬べにほまれ

201406021701000020140602165900002014060217000000

 

 

 

 

 

 

 

 

①やまとみどりの在来

20140602174400002014060217450000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②べにほまれ

20140602203500012014060220360000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶園のこと コクダシ2

収穫日:2014/5/28

茶園の名前:コクダシ2

お茶の品種:やぶきた

天気:昨日の曇り空が嘘のような真っ青な晴れ模様。

今日の畑のこと:今日もチャドクガがうじゃうじゃと葉っぱに引っ付いてました。

つくられる予定のお茶:煎茶

DCIM0726

DCIM0752

DCIM0724

DCIM0725

 

 

 

 

 

茶園のこと ゲンダラ

収穫日:2014/5/31

茶園の名前:ゲンダラ

お茶の品種:やまとみどり在来

天気:真夏の暑さでした。

今日の畑のこと:画像を見ていただければイメージできるかと思いますが、まるでオーケストラを構成しているかのように放射状に広がっているのが特徴です。この畑の収穫が終わり、いよいよ残りは紅茶品種のみ!ラストスパートだ!!

つくられる予定のお茶:煎茶

DCIM0760

DCIM0755

DCIM0759 DCIM0757

茶園のこと 梅ケ谷4

収穫日:2014/5/28

茶園の名前:梅ヶ谷4

お茶の品種:おくみどり

天気:真夏日にも達するほどの暑い日でした。

今日の畑のこと:茶畑のギャングチャドクガがたくさん発生します。

つくられる予定のお茶:煎茶

DCIM0728

DCIM0733

DCIM0731DCIM0732

DCIM0727

« 古い記事

ページの先頭へ