ブログ

笹林になっていた茶山に種を植える準備を進めています

今春、3か所の茶山に茶の実を植える準備を進めていますが、そのうちの一か所「コイキビロ」で、地上部の有機物の持ち出し作業が終わりました。ここまでは当茶園のメンバーで作業を行いましたが、笹根の掘り起し作業は地元のプロの方にお願いをしました。今日から、ハサミが付いた大型ユンボが入りました。

地上部はジャングルでしたが、地下部も網の目のように根が張っています。(岩田文明)

無題

180120_104923

180120_104923

思うように、落ち葉を掻き集めることが出来る「サラエ」

落ち葉の回収を始めて、今年で5年目になりますが、いろいろなサラエ(ガーデンクリーナー)を使った中で、昔から農機具倉庫に置いてあった年代もの(写真C)が、最も使いやすいと感じます。このタイプなら、微妙な力加減がサラエの爪先まで伝わるので、雑草の隙間や凸凹した所に挟まっている落ち葉も、思うように掻き集めることができます。これまで仕事で使ったサラエを並べて、その違いを比較してみました。AとBは支点が一か所ですが、CとDは支点が二ヶ所あるために安定して使いやすいのだと思います。(岩田文明)

サラエ比較

地質の違いから、茶園マップを色分けしました

今日は雨降りだったこともあり、当園の茶園が点在する地域を、地質の違いという視点から、3分割して、色分けしてみました。自然栽培で、このような地勢を、お茶で表現していきたいと考えています。(岩田文明)

地質3分割 説明付き

2018年の仕事始め

先週末の二日間、仕事始めとして、チーム岩田のメンバーで抜根した茶の木燃やしをしました。引っ張り出した茶の木を、途切れないように、火の中に放り込んでいくので、年末年始の間、しばらく休んでいた体を始動するには、ちょうど良い仕事となりました。

茶の木の火で、餅を焼いて食べながら、無事、燃やしきることが出来ました。(岩田文明)

180105_084119

許可をとってから、作業を行っています。

180106_140144

180106_140144

 

 

あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願い致します。

月ヶ瀬健康茶園(屋号)は1984年から農薬・化学肥料を使わないお茶づくりに取組んできましたが、昨年(2017年9月29日)月ヶ瀬健康茶園株式会社として心新たに業務を開始致しました。地域にて栽培・加工まで、一貫して取組むことが出来る茶業だからこそ、社会において、茶園環境づくりの段階から果たす大切な役割があるのだと強く感じてきたことから法人化しました。今年も、チーム岩田全員で力を合わせ、精一杯、取組んでまいります。(岩田文明)

20180105165844

宮山茶園から、初日の出を望む(2018年1月1日)

50年前に茶山だった所に、種を植える準備を始めました。

昔は茶山でしたが、40年以上もの間、耕作されていなかった所に、茶の実を植えるため、準備を始めました。

現在は、笹ジャングルになっていて、在来の茶株がポツポツと残存しています。人の手が入らなくなって40年以上経過しても、このような植生なので、森に還るには、まだまだ年数が必要なのだと感じました。(岩田文明)

171216_083534

171216_083534

171215_161854

171215_161854

171215_164810

171215_164810

 

茶園内に軽トラックが入れる作業道をつくりました

作業性から考えた場合、軽トラックが茶園まで入れるかどうかは、とても重要な要素になります。今年から、新たに地域の方から引継いだ茶園には、通路の両側、どちらにも車が入れる作業道がなかったので、茶の樹を抜いて道をつくりました。

私が小学生の頃は、4WDトラックというのがなかったので、園内の作業道で頻繁に車がスリップして、家族総出で押しに行ったことを覚えています。その頃だと、傾斜地の茶園内まで、車が入れるというのは、どんなに重要視されていませんでした。しかし、その後4WDの軽トラックが普及してからは、かなり険しい道でも車が入れるようになり、車が入れる作業道があってこその茶園へと、時代は変わりました。中山間地の農業には、4WDの軽トラックが重宝します。(岩田文明)

171212_115050

171212_115050

 

今年も落ち葉の回収作業を開始しました

紅葉の季節が終わり、落葉広葉樹の葉が、落ち葉となってきたので、今年も落ち葉の回収&茶園への投入作業を開始しました。茶園に落ち葉を投入し始めてから今年で5年目になるのですが、畝間に敷詰めて堆積した落ち葉は、一年ほどで分解され尽くしてしまいます。「有機物の分解」と「茶樹の生育のリズム」から考えると、再来年のシーズンに収穫して茶園から持ち出す予定のお茶の栄養分を、予め今年の冬に補給しておく、という感じになります。(岩田文明)

171207_114619

171207_114619

171207_114626

171207_114626

171207_114636

171207_114636

茶農家ですが、初めて実の収穫をしました

種採りを本格的に始めて、2年目になります。昨年は約80kgの種を確保しましたが、今年も60kgを突破しました。

昨年は、茶園の畝間に落ちた実を乾かないうちにすぐに拾う方法をとっていましたが、今年は、完熟している殻付きの状態の実を収穫する方法も行ってみました。茶農家を始めて、初めて実の収穫をしました。

種採り専用茶園(母樹園)は、畝間がトンネルのようになっているのですが、スズメバチの巣があることもあるので、要注意でした。(岩田文明)

171115_150043

畝間がトンネルになった種採り園(山ノ下 べにひかりの茶園)

171115_150021

種採り園の畝間に出来たスズメバチの巣。下を向いて作業をしていて、この巣に気づかなければ、頭にぶつかることになります。

171114_112804

殻から実をとる作業

農閑期の仕事を始めています

晩秋になり茶樹の生長がとまり、これから冬に向けて休眠状態となっていきます。これから3月頃まで茶樹が休眠状態になっている時期は、来年に向け、じっくりと手をかけて準備をする重要な時期でもあります。

そんな農閑期の一つの仕事である「カヤ敷き」を始めました。カヤとは主にススキのことで、茅葺屋根の「カヤ」と同じ意味です。先月から近隣のススキ畑で刈込んで準備しておいたカヤを茶園の畝間に敷いています。(岩田文明)

171115_150850

梅ケ谷茶園の畝間に敷詰め始めたカヤ。ここの茶園には、両親の時代から毎年カヤ敷きを続けているので、今年で34回目となります。

« 古い記事

ページの先頭へ