商品案内

 

自然栽培茶

「お茶の本質」を追究することで、奈良・月ヶ瀬の自然を、そのままお茶で表現した自然栽培茶です。点在する茶山ごとに生産・製茶した、お茶です。

【新茶】自然栽培煎茶(白)

自然栽培の煎茶の新茶企画となります。
当園は大きく分けて2つの時代の地質の茶山があります。自然栽培にすることにより現れた特徴を活かした合組(ブレンド)をいたします。

自然栽培 ほうじ番茶 在来

赤土の山で育つ「刈下番茶」をほうじ番茶に加工しました。この茶園は、毎年、落葉広葉樹の落ち葉だけを畝間に敷き詰めています。ミネラル豊富な環境でゆっくりと育つことで、番茶特有の甘い香味が、細く、体の中に吸い込まれるような感覚の「ほうじ番茶」に仕上がりとなりました。

自然栽培 紅茶 さやまみどり

「さやまみどり」特有の爽やかな柑橘系の香味が感じられる紅茶に仕上がりました。

自然栽培 煎茶 やぶきた 萎凋香(自宅前)

収穫した新芽を森の中でゆっくりと萎れさせることで、約500万年前の古琵琶湖層(水成岩)の地質で育つ「やぶきた」品種の萎凋香を発揚させました。
萎凋香が、やさしく身体に吸い込まれていくような感覚があります。茶山には、毎年、落葉広葉樹林の落ち葉を敷き詰めています。
茶園土壌は赤黄色粘土。形状は背斜状。茶樹の植栽は縦畝。

自然栽培 煎茶 やぶきた 萎凋香(宮山)

収穫した新芽を森の中でゆっくりと萎れさせることで、約一億年前の領家帯(火成岩)の地質で育つ「やぶきた」品種の萎凋香を発揚させました。
萎凋香にインパクトがあり、身体の入口で分かりやすく、特徴を感じる感覚があります。
茶園土壌は花崗岩を非常に多く含む壌土。形状は南東向き急斜面。茶樹の植栽は縦畝。

自然栽培 煎茶ほうじ やぶきた

収穫した新芽を、森の中で、ほのかに甘い萎凋香が発揚するまで萎れさせてから製茶した煎茶を浅く焙煎しました。身体にやさしく馴染みながら入っていくような感覚があります。

自然栽培 煎茶ほうじ ティーバッグ

赤土の山で育つ「一番摘み」の新芽を、低温貯蔵庫で長期間熟成させました。焙煎することで甘くフルーティーな香味と、透明感のある黄金の水色に仕上がった茶葉を、ティーバッグに加工しました。

自然栽培 ほうじ番茶 ティーバッグ

扇形に広がる奈良ならではの縦畝の茶園に育つ樹齢50年以上の茶樹です。その「刈り下番茶」を熟成させ、焙煎加工をし、葉・茎等番茶の部位のバランスをとりながらティーバッグに詰めました。

自然栽培 煎茶 ティーバッグ

ティーバッグをつくりました。飲むスタイルをイメージして、点在する茶山の茶葉から選び、香りを大切に、マグカップやマグボトルでたのしんでいただけるよう、淹れ方まで工夫しました。

自然栽培 紅茶 ティーバッグ

ティーバッグをつくりました。飲むスタイルをイメージして、点在する茶山の茶葉から選び、香りを大切に、マグカップやマグボトルでたのしんでいただけるよう、淹れ方まで工夫しました。

自然栽培 萎凋香緑茶 さえみどり

霜害のストレスを受け、少し遅れて育った新芽を収穫した後、森の中で「さえみどり」品種特有の萎凋香がしっかりと発揚するまで萎らせました。揉む(精揉)工程の無い玉緑茶に仕上げているので、萎凋の香りをダイレクトに楽しんでいただけます。茶園土壌は赤色粘土を含む花崗岩混りの壌土。地勢は南東向き急傾斜地。茶樹は等高線状に植栽。

ページの先頭へ