ブログ

やまとみどり実生の「成熟した芽」と「若芽」を、比較しながら紅茶をつくる

今日は自園から収穫した茶葉で紅茶を作る最終日。

番茶になりかけぐらい成熟したの(やまとみどり実生)、軟弱な若芽(やまとみどり実生、やぶきた実生) という、対照的な原料で比べながら作ります。

11811585_473222082851094_1471167034395324349_n

成熟した「やまとみどり実生」

 

11800338_473222152851087_1565939422627790544_n

軟弱な若芽の「やまとみどり実生」

発酵止めまで進んできました。どちらも、それなりに紅くなってきました。

11209424_473261906180445_5907097375766019796_n

成熟した原料の発酵の様子。フルーティーです。

11813381_473261922847110_5516791594378766497_n

若芽の原料の発酵の様子。甘い香りが強いです。

本日の紅茶づくり、完成しました。ティスティングをしました。それぞれ、香も味も水色も、そして飲んだ感覚も異なる紅茶になりました。欠点が無いのなら、優劣を付けるのでなく、それぞれの活かし方を考えます。

11825062_473296226177013_308033784251111052_n

左が成熟した原料の紅茶。右が若芽の原料の紅茶。

11822496_473296266177009_2093242845733333786_n

成熟した「やまとみどり実生」

11813445_473296346177001_6227863939768863048_n

若芽の「やまとみどり実生」

2015年8月1日 月ヶ瀬健康茶園 岩田文明

 

 

 

ページの先頭へ