ブログ

2015年の手摘みセカンドフラッシュをつくる

今日は、手で摘んだ、紅茶品種「べにひかり」を紅茶に加工しました。

1.萎凋(いちょう):網の上に萎らせて、約20時間

11873543_476814685825167_8888137142151962427_n

萎凋前:一芯二葉で摘む

11694097_476814725825163_6857241168784476031_n

萎凋後: 先芽は白く毛が生えたようにみえる(白毛)

2.揉捻(じゅうねん):小さな揉捻機で揉む、約1時間

11885323_476814755825160_8685478823805244141_n

小型揉捻機で揉む

11822642_476814775825158_2630000212663550602_n

揉み終えたところ

3.発酵(はっこう):木箱の中で発酵する、約2時間

11870776_476819305824705_8414104613896127703_n

発酵中の茶葉

4.発酵止め・乾燥:高温で発酵を止めた後、焦げないように乾燥する、約40分

11223899_476819339158035_363817769834826126_n

乾燥後の茶葉: 白く見えるのは先芽(ゴールデンチップ)

 

ブロークンタイプでなく、芽の形状を壊さずに、揉みを強くせず、紅くせずに、つくるタイプの紅茶です。蓋碗等で、何煎か繰り返し飲むと合う紅茶です。
手摘みは、たとえ少量しか出来ず、手間はかかっても、ねらったポイントで、均一につくっていくことを大事にしています。

2015年8月11日 月ヶ瀬健康茶園 岩田文明

 

ページの先頭へ