ブログ

宮山に9区画目の茶園が増えます

宮山に隣接する区画を、2015年7月から地域の方から新たに耕作を引き継ぐことになり、宮山に9区画目が増えました。

当園では、同じ茶園内でも、自然栽培・有機栽培を開始した時期が異なったり、特性が異なる品種あれば、区画別に栽培管理や収穫をしていきます。例えば宮山だと9区画になりますので、有機JAS規格で分類すると、宮山1~7「有機」、8「有機(転換期間中)」、9「非有機」という表示になります(2016年1月現在)。

宮山(9)の地勢は、南東向き斜面、陽当たり良好、土質は花崗岩混じりの壌土、真ん中に大きな岩山があります。地表面だけでなく、地下部にもたくさんの岩があるそうです。何よりも、既存の茶山に隣接している区画なので、耕作を引き受けさせて戴くことにしました。

宮山(9)には、これまで「やぶきた」が植えられていましたが、今回は、自然栽培になるまでの経過期間を活かし、改植して、「やまとみどり」という品種を植えることにしました。

そこで、冬休みを利用して、息子たちと、新たに苗を植えるための準備作業をしました。

151229_091259

抜根した状態の茶山

 

160106_091402

同じ品種でも、いろいろな形の根がありました。

 

151229_133801

地下部と地上部を合わせると、自分と同じぐらいの大きさの茶樹がありました。

151229_102920

せっせと作業を行いました。

 

151229_121514

「腹が減った」と茶の木に埋もれて動けなくなり、茶の木と同化してしまった次男

 

151229_123206

抜根した茶樹を熱源に、長男が上手にご飯を炊き上げました

151229_123757

160108_132136

これから整地・深耕した後、2016年3月に苗を植える予定です。

抜根した茶樹は、「やぶきた」でしたが、直根、開張根など、いろいろありました。普段は見えない地下(根)の部分を見ることができる貴重な機会でもありました。

ページの先頭へ