ブログ

ミニユンボに着けたハンマーナイフモアで、笹チップづくりの試作

 月ヶ瀬地域では、笹は、たいへん厄介な雑草です。茶園に根が侵入してはびこると、たちまち茶園は、笹だらけになってしまいます。

当茶園では、除草剤(笹枯らし)を使わないので、笹の株を切り、笹の根を掘り、原始的な方法で茶園を維持しています。

しかしその方法では、重労働でありながら、いたちごっこに過ぎず、この笹対策をどうしていくかは、茶園を継続するにあたって、とても重要なポイントです。

そのひとつの対策として、茶園周辺の笹林を刈り樹勢を弱め、茶園に侵入してくる笹根の勢いを徐々に弱めていくという作戦を実行し始めています。そして刈った笹は、茶園に還していく。

昨年は、刈るだけでしたが、今年は、笹を、一気にチップにしてしまおうと、今日は、レンタル機で試し切りをしました。

試し切りを実行する場所は、耕作放棄後ジャングル化していた茶の木を一昨年に開拓した「シヲダニ2」に隣接する笹林。

結果、試し切りは順調にいきました。

 無題

 

ページの先頭へ