ブログ

自らの力で完結していく大切さを楽しむ

毎年恒例の干し柿づくり。 今季は、息子の友達も一緒に、茶山にある「鶴の子柿」を収穫して、皮を剥き、干し柿にしました。

今年の11月後半は、例年と比べて、雨の日が続き、気温も高く、どうなるかと心配しましたがが、順調に干せています。お正月には、食べ頃になってくる予定です。

お茶づくりと似ているかも知れませんが、「収穫(柿を採る)」→「加工(皮を剥き、吊るして干す)」→「必要なら調理して、食する」まで、自らの力で完結することの楽しさを、子供達に伝えることができたらいいなと思います。

image

長引・宮山圃場に生えている、「鶴の子柿」

 

image

柿の木に登って、収穫した鶴の子柿

image

皮を剥いて吊るして干し始めた鶴の子柿

  2015年12月5日 月ヶ瀬健康茶園 岩田文明

ページの先頭へ