ブログ

昭和時代からの生き残り「べにほまれ」を発見!

自宅前の向かいの山で、今年の春から耕作を始めた茶山の淵で、紅茶品種「べにほまれ」の茶株を見つけました。
1960年代、隣村で稼働していた「森永製菓」の紅茶工場に生葉を納品するため、近所で、「べにほまれ」を植えていた農家は複数ありました。私が2001年に就農して以来、その頃に「べにほまれ」を栽培していた方から何度か紅茶の話を聞きましたが、実際、生き残っている「べにほまれ」を、これまで見たことがありませんでした。

しかし、今頃になって、ついに発見しました。子供の頃に、秘密基地をつくって遊んでいた場所にありました。

11403333_459095960930373_6021694156321589035_n

2015年6月23日 月ヶ瀬健康茶園 岩田文明

ページの先頭へ