ブログ

宮山の岩に囲まれた小さな区画に、アントシアニンを含む品種「サンルージュ」を定植する

「サンルージュ」という、アントシアニンを多く含む品種茶を植えました。この品種は本来、温暖な産地に適している茶樹ですが、少しだけ栽培したくて、宮山の南東向き斜面の、岩に囲まれた小さな区画に植えることにしました。
4年前から大型ポットで育てていて、本日、定植したのですが、葉はもちろん、根まで赤紫色しているのに驚きました。

「べにふうき」に続いて、機能性のお茶は二品種目です。

160310_095306

輸送中の大型ポット苗。根傷みを最小限にして、定植します。

160310_120002

普通の茶樹とは異なり、赤紫をしている、サンルージュの根

160310_120017

冬季でも、かすかに赤紫をしている茶葉。

160310_170653

岩場に囲まれた小さな区画に定植したサンルージュ

160310_095322

ページの先頭へ