ブログ

同じ春摘み紅茶でも、「萎凋型」と「発酵型」の違いを比較する

2015年の一番茶の収穫期間、前半と後半は、天候に恵まれたのですが、中盤は雨が降る日もありました。雨が降ってしまうと、新芽の水分が多くなり、湿度も高くなるので、萎凋工程が難しい傾向になります。しかしながら、発酵で香りを発揚やすい状態となると考え、発酵型になるよう作り方を工夫してみました。

萎凋型と発酵型を、ティスティングして比較しましたが、そのような作り方がそれぞれで表現出来ているのではないかと、感じました。

11402794_463505617156074_1116287087663398360_n

 

2015 年7月2日 月ヶ瀬健康茶園 岩田文明

ページの先頭へ