商品案内

 

有機栽培茶

1984年から続く月ヶ瀬健康茶園の基本のお茶です。年間を通して安定して飲んでいただける いつものお茶です。

有機 一番摘み 月ヶ瀬煎茶

畝間に敷き詰めた草木の栄養を源に、月ヶ瀬の自然のリズムでゆっくりと育つことを意識してつくりました。春の訪れが遅く、寒暖差のある奈良・月ヶ瀬ならではの特徴を追究しています。「茶園ごとに異なる土質」を活かした合組(ブレンド)をすることで、素朴でありながらも立体感のある煎茶に仕上げました。
火入れはしておりません。

有機 一番摘み 月ヶ瀬冠茶

一番摘み新芽を収穫する直前に10日以上の間、茶株ごと寒冷紗で被覆して遮光栽培しました。光をさえぎることで、新芽が濃緑化してアミノ酸(旨味成分)が増加し、カテキン(渋味成分)が減少するため、かぶせ茶ならではの旨味と水色がでてきます。玉露のようなかぶせ香が特徴の煎茶と玉露の中間的なものとなります。

有機 一番摘み 月ヶ瀬煎茶 満月

昔ながらのミネラル豊富な赤土の東向き斜面の茶山で育つ、晩生種で樹勢の強いオクミドリ種のみで、限定生産した煎茶です。清涼感ある上品な香味が特徴です。

有機 粉末緑茶 たべるお茶

一番摘みの新芽を選別せずに、まるごと粉末状にパウダー加工しました。新芽の栄養(脂溶性成分、水溶性成分)をまるごと体内に摂取することができます。

有機 一番摘み ほうじ煎茶 月香

一番摘み煎茶を土蔵で熟成後、強火で火入れした「ほうじ茶」です。甘く香ばしく広がる芳香と、お月さまのように輝く水色が特徴です。

有機 ほうじ番茶

貯蔵庫で一定期間熟成した番茶を、出荷直前に、じっくりと時間をかけて焙煎した「ほうじ番茶」です。収穫したまま、成熟した葉や茎・枝(ジク)を選別せずに、まるごと焙じることで風味のバランスがとれた「ほうじ番茶」となります。渋味なく番茶特有のすっきりとした甘く芳ばしい香気が特徴です。お休み前、赤ちゃんやお年寄りの方にもおすすめです。 

有機 秋番茶 青柳

6月~10月まで、太陽の陽射しをたっぷりと受けながら生長し続けた秋番茶を収穫して緑茶に製茶しました。焙じていないので青っぽい淡泊な甘味のある風味が特徴です。水出しの秋番茶は、昔から糖尿病に良いと言われています。

有機 ほうじ番茶 砕

番茶の製茶工程の最後に篩にかけて出来た「荒粉」を貯蔵庫で一定期間熟成した後、出荷直前に、じっくりと時間をかけて焙煎した「ほうじ番茶」です。渋味なく番茶特有のすっきりとした甘く芳ばしい香気が特徴です。お休み前、赤ちゃんやお年寄りの方にもおすすめです。

有機ほうじ番茶ティーバッグ

番茶の製茶工程の最後に篩にかけて出来た「荒粉」を貯蔵庫で一定期間熟成した後、出荷直前に、じっくりと時間をかけて焙煎した「ほうじ番茶」です。渋味なく番茶特有のすっきりとした甘く芳ばしい香気が特徴です。お休み前、赤ちゃんやお年寄りの方にもおすすめです。
ティーバッグの素材は無漂白ペーパーを使用しています。

有機 べにふうき緑茶

花粉症・アレルギー対策の緑茶です。この品種には、抗アレルギー効果が期待される新たな茶葉中機能性成分「メチル化カテキン」を豊富に含んでいることから、注目を集めています。紅茶用品種の茶葉ですが、生長して硬くなった葉を蒸して緑茶に加工することでメチル化カテキンを含んだお茶になります。袋裏面を参考に、熱湯あるいは煮出してお飲み下さい。

有機紅茶 月ヶ瀬春摘み

春に収穫した新芽を紅茶に加工しました。緑茶品種の一番茶の特性を活かし、製造工程で萎凋(いちょう)にこだわり、甘い若葉のような、発酵度の低い和風紅茶に仕上げました。渋味なく、ストレートがおすすめで、和食や和菓子に合います。

有機紅茶 月ヶ瀬夏摘み

夏に収穫した新芽を紅茶に加工しました。緑茶品種の二番茶の特性を活かし、製造工程で萎凋と発酵のバランスを調えながら、甘味ある、すっきりとした和風紅茶に仕上げました。渋味少なくストレートあるいは豆乳紅茶がおすすめで、和食や和菓子にも合います。

有機紅茶 月ヶ瀬べにふうき

「べにふうき」とは、アッサム雑種の「べにほまれ」を母、インド・ダージリンからの導入種、枕Cd86を父とした交配が行われ、その実生群中から選抜され、1993年に登録された紅茶・半発酵茶用品種です。特徴は、水色は濃紅色で力があり、香気は重厚感のある落ち着いたアッサム系の香りがあり、滋味はやや渋味が強いが独特の旨味に富み、紅茶としての香気・水色・滋味の三拍子が揃った品種、とされています。2004年から栽培を始めました。ストレート、ミルクティー等がおすすめで洋菓子にも合います。

有機紅茶 月ヶ瀬べにひかり

「べにかおり」(アッサム種に鹿児島県の在来種を交配した品種)」を母、中国からの導入種「枕Cn1」を父の1960年に登録された紅茶・半発酵茶用品種です。インド、日本、中国の三国の系統が関る「べにひかり」は、国際的な品質水準の品種として育成されましたが、1971年の紅茶輸入自由化により普及することがなかった幻の品種と言われています。水色は鮮紅色で透明感があり、滋味は渋味と旨味の調和があり比較的渋味が少なく、鼻に抜けるような中国系の高い清香が特徴とされています。

有機紅茶 月ヶ瀬べにほまれ

「べにほまれ」とは、多田系インド雑種の実生中から選抜され、1942年頃までに優秀性が確認された紅茶用品種です。特徴は、水色は濃紅色で、香気は落ち着いた重厚感があり、滋味は渋味がやや強いが旨味とコクがある、とされています。半世紀前、奈良でもつくっていました。

ページの先頭へ